×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ギターでトレモロ演奏法

ギター演奏時のトレモロ演奏法について、ギターでトレモロと言うのは魅力があり人気のある演奏法です。そこでギターでトレモロ演奏法を要約してみると、いくつか思い浮かぶものがありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。
トレモロピッキングは同じ弦を非常に細かく早く連続してピッキングする奏法です。
トレモロユニットはブリッジを稼動させることで弦のテンションを変えます、音程を変えることのできる機構を備えたギターの、稼動するブリッジのユニットのことです。 アームを使って操作します。
トレモロ(エフェクター)は音の強弱を周期的に変更させるエフェクターで、サーフミュージックなどで多く用いられています。

ギターでアーミング

ギターの場合、アーミングを良く使っているギタリストを挙げてみると、洋楽ではジミ=ヘンドリックスやリッチー=ブラックモアなどが挙げられると思います。 特にリッチー=ブラックモアのアーミングの激しさこれは大変有名です、よくギターのアームをへし折ったといわれており、その対策としてアームを極太にするように、特別なギターの注文をして作らせたほどです。彼のDeep Purpleでの「Black night」のギターソロは、アーミングをしつこく、これでもかこれでもか、というくらいにやっています。 他にもアーミングを多用する人は多くいるようです。
ギターのトレモロピッキングの場合は、とにかく素早くピッキングすることが一番です、それしかないように思います。
その場合は、肘を支点として、手首をしっかりと固定した状態で細かくピックを動かすようにしてみましょう。ある程度できるようになると思います。

楽器クラリネットを購入

楽器を購入する場合、まずクラリネットは演奏していく上で、定期的にプロによるメンテナンスが必要な楽器であると言うことを、認識しておいてください。年に数回はリペアマン(修理屋さん)に楽器を診てもらう必要がありますが、普段から丁寧に扱っていれば、そんなに費用は掛かりません。
しかし、クラリネットのメーカによっては部品の調達が難しい場合や、修理の際にやむを得ず他メーカの部品を使うことがあります。その上で、安心できるメーカと言うことになると、やはクラリネットの場合はヤマハ(日)・クランポン(仏)のどちらかになると思います。他にセルマー(仏)・ルブラン(仏)などもありますが、扱っている店が少ないので品物があれば選択枝に入る程度です。
楽器のランクやメーカについては、楽器店と先生が決まってから相談して購入するようにしましょう。
クラリネットの原形は民族楽器の一つであるシャリモーと言う縦笛を、ドイツの楽器製作にとって改良したものです。